レディ

商品の宣伝を効果的にするなら中綴じ印刷がお勧め

カラーチャート

様々な場面で自己紹介

名刺は仕事の時だけではなく色んな場面での自己紹介に使えます。作成は全く難しくなく、ネット上でデザインを選び入力するだけで簡単にプロ仕上げの名刺が作れます。自分の顔とも言えるものなのでオリジナルの特別な名刺を持っておくと便利です。

袋

希望をはっきりさせておく

OPP袋は、サイズの確認が重要です。マチ付きやヘッダー付き、空気穴など必要な仕様を確認します。店頭でも購入することができますが、ネットショップではオーダーメードで作ることもできます。印刷を依頼できたり、厚みを選ぶことができます。どのようなOPP袋にしたいのかをきちんと確認しておくのがポイントです。

グッズ

効果的なPRの方法

販促グッズを作るときに必要なことは、どの商品を選ぶことと、何を印刷するかを決めることです。印刷会社に何を作りたいかを伝え、見積もりを取ってから、了承すれば注文という流れになります。初めて作る場合でも丁寧にアドバイスをもらえるので安心です。

綴じ方の違い

印刷

製本を依頼するときに

最近では、個人的に写真や画像だけでなく、自作の小説や漫画を作成する人が多くなっています。それらを業者に依頼して製本してもらう人も増加中です。製本には大きく分けて中綴じ印刷と無線綴じ印刷があります。それぞれにメリットやデメリットがありますが、個人で製本を依頼する場合には多くの場合中綴じ印刷をお勧めします。中綴じ印刷は、冊子を開いた状態で中心部分を針で綴じる方式で製本します。一方、無線綴じ印刷は本文ページを表紙の用紙で包むように糊づけして綴じる方式です。無線綴じ印刷はページ数に制限がなかったり、背表紙があることによって高級感があるといったメリットがありますが、画像や写真を多用したり、少数のページを少数の印刷で保管用に使うことが多い個人的な製本には中綴じ印刷の方が向いています。中綴じ印刷は、構造上必ず総ページ数を4の倍数のページで作らなければならず、40ページを超えると針で綴じるのが難しくなってしまいます。しかし、見開きでしっかりと開くことができるのでページレイアウトに自由がききます。デメリットとしてあげられるページ数は空きページを作っても良く、個人的に超大作を作ることはないため総ページ数も中綴じ印刷ができないほどの厚さになることはないでしょう。製本を依頼するときには、左右のどちら綴じにするかや用紙やカバーの質など様々決めることがでてきますが、印刷業者に相談して決めていけばよいでしょう。